活動ブログ

3月 12 3月12日

こんばんは

こんばんは。

事務所スタッフです。

ただいま、朝と同じ京急弘明寺駅にて夜のご挨拶をしております。

 

寒い中、暖かい声をかけてくださり、ありがとうございます。がんばります!

image

3月 12 3月12日

京急弘明寺にて朝のご挨拶

おはようございます。

新堀事務所スタッフです。

今朝は京急弘明寺にて、朝のご挨拶をいたしました。たくさんの方から激励をいただきました。ありがとうございます。

本日も1日がんばります!

県政へチャレンジ!!

image

3月 08 3月8日

「新春の集い」おまけ

「新春の集い」おまけ

IMG_8530IMG_9796IMG_8618IMG_9956IMG_8680IMG_9834IMG_8620IMG_9913IMG_9929IMG_0188

昨日アップしたブログに写真を添付し忘れました!当日の雰囲気が少しでも伝われば幸いです。

3月 07 3月7日

「新春の集い」に菅義偉内閣官房長官が登場!!

新人候補として初のビッグイベント、「新堀ふみあき新春の集い」が2/28(土)に無事終了しました。その準備に追われて、しばらくブログが更新できなかったことお詫び申し上げます。(スミマセン!言い訳です… )

約500名のお客様にご参加いただき、自分の想像を上回る大盛況のうちに閉会を迎えることができました。これもひとえにご支援いただいた来場者の皆様と、お手伝い頂いた後援会の皆様、そして会社員時代の仲間たちと事務所スタッフのおかげです。皆さん、本当にありがとうございました!

その中でも特に皆さんにご報告したいのは、今や各メディアが「史上最強の官房長官」と呼ぶ、菅義偉内閣官房長官が私の「新春の集い」に駆けつけて頂いたことです。公務多忙の中、一介の新人候補のために時間を作っていただいた事への感激と緊張で、自分にとってはあっという間の2時間でした。

そもそも私が、政治の道を志すキッカケの一つとなったのが、衆議院議員・菅義偉さんとの出会いでした。菅さんの2回目の衆院選時、縁あって一月半ほど事務所のお手伝いをさせて頂きました。その時菅さんと初めてお会いして、何事にも真摯に取り組む姿勢・妥協を許さない行動力・ブレない政治理念に触れ、それまでの政治家に対する先入観が一変しました。こういう人が日本の舵取りをしてくれれば安心なんだけどなぁ…と思ったものです。今まさにそれが現実となっているわけで、改めて官房長官の凄さを感じます。

また、その時にお手伝いで集まった人達も、皆元気で明るくて楽しい仲間でした。遅くまで事務所に残って、喧々諤々やりながら仕事をやっつけて、帰りに食べたラーメンは本当に旨かった! 昨年夏に出馬を決意してからの半年間、十数年ぶりにその時の仲間と再会を果たしました。議員になった人もいれば社長さんになった人もいました。でも 皆さん相変わらず明るく楽しい、そして頼れる仲間たちでした。

今回の私の「新春の集い」が無事開催できたのは、もちろん祖父・父・叔父 を長年支えて頂いた皆様のお力が大きいわけですが、菅官房長官を軸に出会った方々、そして自分のサラリーマン時代に出会った方々、それぞれの出会いの結集であると改めて感じました。これからも出会いを大切にしていきたいと思います。

皆さん、本当にありがとうございました!

 

 

 

 

2月 08 2月8日

地元弘明寺の伝統行事、復活!

IMG_0314

私の生まれ育った街、横浜市南区には「横浜最古の寺」瑞応山蓮華院弘明寺という由緒正しい寺院があります。ご本尊の十一面観音菩薩像が国の重要文化財に指定されているなど、学術的価値の高い貴重な資料の宝庫であると同時に、地元の人たちからは「観音さま」と呼ばれ常日頃から親しまれているお寺です。また個人的には、この弘明寺の住職が私の中学時代のクラスメートでありまして、社会人になってからも仕事でお付き合いさせて頂き、現在でもときどき会って酒を飲んではバカ騒ぎをする親友(悪友?)なのであります。

そんな私にとっては、深い縁で結ばれている弘明寺において、先日一大イベントが開催されました。2月3日といえば皆さん何の日かお解りですよね。そう、「節分」です!弘明寺の節分といえば市内外問わず有名で、毎年豆まきの際には境内は大勢の来場者で埋め尽くされていました。ところが8年前から諸般の事情により、豆まきの行事は開催を見送っていました。私を含む地元「節分ファン」や弘明寺商店街の皆さんは、この8年間物足りなさを感じながらこの季節を迎えていたのです。

そんな中、昨年の夏頃からお寺と商店街の若手を中心に、節分の豆まき復活を願う声と、地域としてまだまだ東日本大震災の復興支援を続けようという声があがり、『弘明寺節分実行委員会』を設立することになりました。委員会では、被災地から年男年女の方々をお招きして、豆をまいていただき復興を願うという、まさに二つの願いを合体させた「一石二鳥」企画を立案しました。

私は皆様の心遣いで、実行委員長という大役をを仰せつかりましたが、時期的にも忙しく、会議に出席して書類に目を通し、代理店時代のイベント経験から意見を言わせていただくくらいのことしかできませんでした。実際には、商店街さんと弘明寺さんが積極的に警察・消防・東北のNPO法人などと交渉・打合せをかさね、開催にこぎつけて頂いたのが現実です。皆さんの情熱と努力にただ感謝!であります。

おかげさまで当日の豆まきは、事故やトラブルなどもなく、併催した東北物産展も賑わいを見せ、遠路はるばる石巻から参加していただいたた年男年女の皆さんにもとても喜んでいただけました。NPO法人SmileSeedの皆さんにも大変お世話になりました。これを契機に、今後も何らかの形で交流が続けられればと願っています。

伝統行事を復活させて、新しい形の復興支援が出来て、地元商店街がにぎわう。結果的には「一石三鳥」の企画は大成功となりました。私自身、政治家候補生として今回のような企画に携わることができて本当に良かったと思っています。県政全体から見れば小さなイベントだったかもしれませんが、地域活性化とはこういった事の積み重ねや広がりがあってこそ実現していくものであると勉強させていただきました。

最後に、あまり働かなっかた?実行委員長として、この弘明寺節分復活に関わった全ての人々と、当日スタッフの指示に従って豆まきに参加していただいた来場者の方々に心より御礼申し上げます。

皆さん、本当にありがとうございました!!!

 

 

<<...161718