活動ブログ 2017年8月

8月 11 8月11日

7月の活動報告②「横浜市長選挙」

7月の報告第2弾は、横浜市長選挙とそれに伴い行われた緑区の市会議員補欠選挙についてです。

6月末の横須賀市長選挙に続き、7月末は私が住む横浜市長選挙が執り行われました。我が自民党は、現職の林文子市長を推薦候補と決定し、真夏の選挙戦に挑みました。県会議員ではありますが、当然自分の選挙区の市長選挙は仲間の市会議員たちと協力して、党の推薦候補の勝利のため戦います。林市長は、前任者が途中で投げ出した市政を引き継ぎ、全国に先駆けて「待機児童ゼロ」や「みなとみらい地区への大手企業誘致」など、堅実な2期8年の実績があります。これからの4年間、関内・みなとみらい地区の再開発やワールドカップ・オリンピックと言った国際イベントなど、横浜はとても大切な時期を迎えるわけですから、我々としては、安定感のある林市長に市政をゆだねるのは必然です。他候補は中学校給食やカジノ誘致(カジノではなくIRですが…)を争点に持ち出し、市民に聞えのいい主張ばかり繰り返していましたが、私はいずれも現段階では争点にはなり得ないと思いました。給食に関しては、市内全中学校を給食制にした場合、新たに400~500億円の費用が必要となります。当面は現状の「ハマ弁」(値下げを検討)を継続し、財源確保の目途が立ったのちに給食の導入を具体的に検討して行くべきでしょう。IR誘致にしても、他候補は「横浜にカジノはいらない!」と強調していましたが、具体的な法整備が進まない限り横浜市として正式な誘致参画はあり得ません。そもそもIRとは「総合リゾート」であり、大型ホテル・ショッピングセンター・美術館などの文化施設・水族館などのアミューズメント施設などが集まって初めてIRなのです。その中の僅か数パーセントの敷地ににカジノが併設される訳で、全体の経済効果・雇用促進・税収増などのプラス効果を考えると、今後依存症対策・治安対策などしっかりと整備していけば、横浜へのIR誘致は充分検討の余地があると個人的には考えていますが、今回の選挙戦において、他候補からは一方的な批判だけで、残念ながら一歩踏み込んだ議論にはなりませんした。

結果は、決め手に欠ける他候補に比べ、圧倒的に実績と信頼のある林市長の大勝利となりました。告示まえから朝・夕と駅頭に立ち、南公会堂で神奈川2区支部の決起大会、更には選挙中の演説会を地元大岡地区センターで開催するなど、議員として初めて横浜市長選挙を手伝った自分としては、正直この勝利にホッとしているところであります。もちろん今後もこの結果に慢心することなく、市民の皆様の視線に立って県会議員として林市政に協力して来たいと思います。ご協力・ご支援頂いた皆さま、本当にありがとうございました。

 

IMG_3155 IMG_3159 IMG_3154 IMG_3172

しかしながら、ここからは打って変って残念な報告になります。今回の市長選に伴い行われた緑区の市会議員補欠選挙は、我が自民党公認候補の惨敗という結果となりました。市長選と違いこの補欠選挙は、党の公認候補を擁立した「ガチ」な選挙であり、県連・市連は東京都議選からの悪い流れを断ち切るための試金石になる選挙と考えていました。もちろん市長選の勝利が大前提ではありましたが、県連として総力戦で挑んだ選挙であり、市会議員の補欠選挙に他選挙区の県議が応援に入るケースは異例のことでした。確かに対立候補が強い地盤での選挙はありましたが、結果ダブルスコアに近い敗戦は、自民党として重く受け止めなければ行けないと思います。我が党の国会における不祥事(主に個人的レベルの問題ではありますが)、あるいは慢心と捉えられても致し方ない議会対応など、メディアの過剰な報道を差し引いたとしても、大いに反省すべき問題であり、地方議員としても深く考えさせられる選挙結果となりました。動員力や組織力だけでは選挙には勝てません。日頃より県民・市民・区民の皆さまからの、信頼を得られてこその議員であると思います。この補選の結果を真摯に受け止め、襟を正し、改めて県政に取り組んで行く覚悟を致しました!これからもご指導・ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。

IMG_3229 IMG_3386 IMG_3385 IMG_3237

 

8月 07 8月7日

7月の活動報告①「視察」

7月6日に第2回定例会が閉会して、あっという間に1カ月が経過いました。総務政策常任委員会の委員として初めて臨んだ議会でしたが、なんとか無事に乗り切ることができました。

常任委員会では、「働き方改革の取組について」「未病概念の普及について」「最近の地方財政をめぐる議論について」など、過去2年の産業労働常任委員会や防災警察常任委員会とは、ガラリと雰囲気が変わった質疑となりました。黒岩知事が進める「未病の改善」や昨今注目されている「働き方改革」、更には地方財政の根幹の一つである「地方交付税」のあり方についてなど、現状の県政における重要な課題についての質疑は、今まで以上に下準備をしっかりとして臨まなくてはならず、緊張の連続でした。これから1年間、しっかりと勉強をして、より積極的な議論を行い、県民生活の向上に貢献して行きたいと思います。

 

閉会後の7月中旬以降は、視察と選挙の毎日となりました。視察は2回。一つ目は7月7日「かながわ自民党水産業振興する議員の会」として、三崎漁港や三崎魚市場、三崎フィッシャリーナ・ウォーク「うらり」、間口漁港で「松輪サバ」の水揚げ、宮川フィッシャリーナ、神奈川県水産技術センターなどを視察しました。三崎港では、建設中の低温卸売場(冷凍マグロ用)や、新たな観光の核を目指す上でのポイントとなる二町谷の事業用地について説明を受けましたが、一番ショックだったのは、「三崎のマグロ」は日本一ではなかったということです。今やNO.1は三崎港ではなく、諸条件で優位に立つ静岡県の焼津港なのだそうです。船舶運用法の問題点や中国漁船の乱獲など、多くの課題を解決し、「三崎のマグロ」復活!を目指していくお手伝いが出来れば、と感じました。

また、間口漁港のでは、漁港の皆さんが知恵を絞って「松輪サバ」のブランド化を成功させた経緯などを伺い、感心・感動の連続でした。正直に申し上げれば、こんな小さな漁港で水揚げされるサバが、高額で取引され、今や銀座などの一流料理店でしか味わえない、と言うことが信じられませんでした。しかしそこには、漁師や漁港の皆さんの釣り方や保存方法の工夫があり、それがあの大きくて脂の乗った「松輪サバ」を安定的に市場に提供できる理由なのだとわかりました。地方創生ってこんな発想が大事なんだと思います。唯一の心残りは、「松輪サバ」が食べられなかったとこです(涙)…。お盆明けのこれからのシーズンが一番美味しいようですよ!

IMG_3126 IMG_3148 IMG_3130 IMG_3146

二つ目の視察は、7月19日に総務政策常任委員会の県内視察で、川崎市の殿町にある「ライフイノベーションセンター」「ジョンソン&ジョンソン東京サイエンスセンタ―」等へ。 そこからさらに高津合同庁舎、KSP(かながわサイエンスパーク)に伺いました。ヘルスケア・ニューフロンティアの推進を図る神奈川県の象徴的な施設と言える「ライフイノベーションセンター」では、再生医療の研究など「最先端医療の追求」と「未病の改善」と言った二つのアプローチを融合させ、そこに関わる研究者や企業に施設を提供しています。大企業からベンチャーまで、今後、市場規模の拡大が予想される再生・細胞医療産業化に向けた取組は、全国に先駆けて神奈川から発信していきます。「ジョンソン&ジョンソン」では、手術用のシミュレーターの操作を体験させていただき、ドキドキでした。

高津合同庁舎は、現在、再整備事業に向けた準備が始まっています。老朽化が進み耐震性に問題がある高津合同庁舎を民間資金を活用して再整備するという、本県初の取組です。高津合同庁舎の場所は比較的立地条件が良いことから、現在複数の企業からプロポーザル参加があり期待されています。再整備が始まれば、庁舎内にある県税事務所はKSPに仮移転することが決まっています。県有地を30年の定借で民間に再整備してもらうこの方式が成功すれば、今後の県有施設の老朽化や県財政においても、有効な選択肢が増えるわけで、是非推進して行きたい事業だと考えています。今後の進捗に注目です。

IMG_3202 IMG_3193 IMG_3195 IMG_3201

委員会と視察の報告だけでかなり長くなってしまいましたので、7月末に行われた横浜市長選挙と緑区の市会議員補欠選挙のご報告は近日中に!