プロフィール

神奈川県議会議員
新堀 史明(しんぼり ふみあき)

昭和38年5月3日、横浜市南区生まれ。58才。
祖父・源兵衛、父・豊彦、叔父・典彦は、いずれも元神奈川県議会議員。
横浜市立大岡小学校・南中学校卒業、神奈川県立港南台高校(現・横浜栄)、神奈川大学経済学部に学ぶ。卒業後、横浜市内の建設会社に就職。
平成4年、参議院議員(当時)斉藤文夫事務所に勤務したのち、平成5年、広告代理店(株)京急アドエンタープライズに入社。平成23年、同社常務取締役営業局長。平成26年9月、親会社の京浜急行電鉄(株)グループ戦略室に転籍。
平成27年4月、第18回統一地方選挙において、横浜市南区より、神奈川県議会議員選挙に初出馬、初当選。平成30年より自民党神奈川県連副幹事長に就任。平成31年4月、2期連続トップ当選を果たし、県内では得票率1位、得票数3位を獲得。現在は2期目の任期中。

神奈川県議会
【令和3年度】 予算委員会副委員長、文教常任委員会副委員長(5月まで)、産業労働常任委員会党部会長、議会運営委員会委員、新型コロナウィルス感染症特別委員会委員、開かれた議会づくり検討小委員会委員、神奈川県観光審議会委員
【令和2年度】 決算特別委員会副委員長、文教常任委員会副委員長、新型コロナウィルス感染症対策特別委員会委員、政務活動費連絡会委員、屋外広告物審議会委員
【令和元年度】 厚生常任委員会副委員長、かながわグランドデザイン調査特別委員会委員、予算委員会委員、KNG27(自民党県議団2期生の会)会長。※令和4年度まで
【平成30年度】 自民党県議団政務調査会副会長、環境農政常任委員会委員・同部会事務局長。
【平成29年度】 総務政策常任委員会委員・同部会事務局長、社会問題対策特別委員会委員。
【平成28年度】 自民党県議団政務調査会副会長、防災警察常任委員会委員・同部会事務局長、決算特別委員会委員。
【平成27年度】 産業労働常任委員会委員、経済活性化・産業振興特別委員会委員、予算委員会委員。
KNG27(自民党県議団1期生の会)会長。※平成30年度まで
自由民主党神奈川支部連合会
自民党神奈川県連副幹事長・組織本部副本部長、かながわ自民党未来カレッジ副校長、自民党横浜市連広報委員、自民党横浜市南区連合支部総務会長、自民党南区第1支部長。
家族
妻、長男、愛犬ルビィ(トイプードル)
趣味
  • 映画鑑賞(最近は、息子の影響で「エターナルズ」「ヴェノム」「スパイダーマン」などMARVEL作品を劇場に見に行ってます。気分転換には最高ですね。)
  • スポーツ観戦(昨年は何と言っても東京2020オリンピックで、多くの感動をいただきました。そして、プロ野球では、日本一になったスワローズナインの涙を見て思わずもらい泣きしてしまいました。)
特技
  • スキー(大学時代にはインストラクターのアルバイトをしていました。でも15年程ご無沙汰です。今、時間があったら一番やりたいことがスキーです。)
  • カラオケ(コロナ禍でなかなかお披露目する機会がありませんが、今は愛車の中がカラオケボックスです。十八番はミスチルですが、最近は米津玄師や髭ダンに挑戦中です。)