12月の活動報告

2019年1月9日

新年あけましておめでとうございます。いよいよ平成最後のお正月が始まりましたが、自分は例年と同じように地元の神社やお寺で行われる式典や新年のご挨拶廻り、新年会・賀詞交歓会のはしごで明け暮れています。不規則な生活の上に年末年始はかなり飲食の機会が増えて、すこし太ったみたいです。(汗)
年末12月は地元行事が多い月ですが、議会は12月21日まで開催されましたので、何かとあわただしい一か月となります。我が会派の代表質問では、私が以前から注目している「米軍根岸住宅」の返還などが質問され、いよいよ正式な返還へ向けて動き出すことが知事の答弁で明らかになりました。今後、県民意見を反映した跡地利用を目指し、議論を深めていきたいと思います。また、所属する環境農政常任委員会では、かねてより要望の多かった城ヶ島大橋の無料化についての質疑が行われ、今後三浦半島の活性化に向けた取り組みに期待がかかります。

12月1日、すっかり恒例となった弘明寺商店街「冬のイルミネーション」点灯式に参加しました。今年も実行委員長としてご挨拶させていただきました。実はこの時点では、明らかになっていなかったのですが、我が弘明寺商店街が第七回「かながわ商店街大賞受賞」を受賞したことが12/21発表されました。イルミネーション以外にも、キャラクター「オグジ・サグジ」・地元小中学校との連携などが評価された結果です。顧問の立場としてもうれしい限りです。やったぜ!

12月8日、県議会超党派による「北朝鮮拉致被害者全員の帰国を求める街頭署名活動」に参加しました。昨年参加したときに比べ、本当に多くの方々から署名を頂きました。昨年、米朝首脳会談が行われたことなど、機運は確実に上がってきていると感じます。今後大きな進展がみられるよう、我が師匠、拉致担当大臣を兼務する菅官房長官の活躍に期待したいと思います。

その他、12月は地元行事も盛んです。若手後援会「新風会」のボウリング大会&忘年会、こども医療センター隣接の患者家族用宿泊施設「リラの家」のクリスマス会、南区薬剤師会の薬物乱用防止キャンペーン、地元野球チーム「横浜南ボーイズ杯」開会式、企業後援会「かながわ・みらい政経研究会」主催のクリスマスパーティー、などなど議会日程の合間をぬって走り回りました。

最後にご報告したいのは、議会最終日の本会議終了後に行われた神奈川県土地家屋調査士政治連盟の皆さんと、我ら自民党県議団1期生との勉強会です。狭あい道路・所有者不明土地・空き家問題など、多くの課題をテーマに丁寧な説明をしていただいた土地家屋調査士の皆さんに感謝です。終了後には1期生全員に推薦状を頂きました。上田会長、ありがとうございました!