活動ブログ

5月 02 5月2日

2020年4月 活動報告

もう5月だというのに、今月も私の活動報告は新型コロナウィルス感染症に関連した内容となります。今年の1月からずっと新型コロナ対策などを報告してきましたが、事態は刻々と変化し、終息どころか拡大の一途をだどりました。まさか自分が生きている間に、こんな全世界的な危機が訪れようとは思ってもいませんでした。ここ数年、震災や台風の被害を目の当たりにして、自然の力による脅威を思い知らされましたが、今回のウィルスという見えない敵との戦いは、今まで以上に気を引き締めてあたらなければいけないと痛感しています。
例年4月は、県議会の開催はありません。議員はそれぞれの地元で入学式や野球大会の開会式など地域のイベントに足を運びます。特に私の地元南区では、毎年「さくら祭り」という大きなお祭りが開催されるのですが、当然今年はコロナの影響で中止となりました。屋台も出ず、見物客も少ない大岡川の桜は、また一味違って美しく見えましたが、やはり寂しさは募りました。来年は、多くの人が見学に訪れるいつも通りの大岡川に戻ってほしいものです。

そんな中、県議会は4/15に「新型コロナウィルス感染症対策特別委員会」を開催し、更に4/26には臨時議会を招集。医療崩壊を防ぐため、地域経済を守るため、そして何より県民の生活を支えるため、約538億円の補正予算を可決しました。前年度の補正予算も含めると、既に1,200億円の県費をコロナ対策に投じていることになります。自分は、コロナ特別委員会・厚生常任委員会・予算委員会で多くに時間をかけ、コロナ対策を議論してきました。しかしながら、県民の皆様にご納得いただけているかといえば、そうでもないと感じます。国や東京都の動向も注視しつつ、常にその場その場で最善の策を模索していますが、今回ばかりは自分自身の無力さを痛感することもありました。非常事態宣言も延長される見通しであり、未知の敵との闘いはまだまだ続きます。
しかし、このタイミングで議員という仕事をさせて頂いている以上、「今頑張らなければいつ頑張るんだ!」という気持ちで取り組んでいく決意です。今後も地域の支援策を中心に、より充実した新型コロナウィルス対策を打ち出してきたいと思います。

さて、外出自粛・三密の回避・ソーシャルディスタンスなどが叫ばれる中、我々議員の生活様式も大きく変化しています。4月は議会以外の活動がほとんど中止もしくは延期となってしまい、自分が毎年この時期に行っている朝の駅頭でのご挨拶も自粛せざるを得なくまりました。そこで今回は、しばらくご無沙汰している支援者の皆さんに向けて、ご挨拶文と共に県の支援策が解りやすく記載したチラシを郵送させていただきました。お役に立てたら幸いです。
また、会議や式典(もちろん飲み会も!)などをオンラインで行うことが増えてきています。地元のボーイスカウト横浜第1団の上進式をオンラインで開催することになり、挨拶を動画で依頼されるなど、不慣れで恥ずかしいのですがなんとか頑張っています(汗)。今後も先の見えない戦いになると思いますが、国民・県民それぞれが工夫して、この危機を乗り越えましょう!

4月 01 4月1日

2020年3月 活動報告

3月25日をもって神奈川県議会令和2年第1回定例会は終了しました。次年度予算案を審議していく中、会期中に新型コロナ対策の補正予算案約36億円を可決する異例の展開もあり、絶えず緊張感を感じ続けながらの議会となりました。
特に自分が所属する厚生常任委員会では、12月5日の黒岩知事の発言以来ずっと懸案だった津久井やまゆり園の指定管理の方向性の議論や、他の県立障がい者施設での虐待事案の発覚に加え、日々状況が変化する新型コロナウィルス感染症対策の補正予算案の審議もあり、3月18日までの予定を23日まで延長して審議しました。
常任委員会・予算委員会・新型コロナウィルス感染症対策特別委員会の3委員会を掛け持ちしながらの第1回定例会は、神奈川県の令和2年度予算案と、国に対して新型コロナ対策における医療・経済・教育などあらゆる面での支援を要望する意見書を議決して閉会しました。


さて、新型コロナウィルスは我々議員の生活パターンをすっかり変えてしまいました。改めて3月のスケジュール表を確認したところ、全部で26件の行事・会議・会合等が中止もしくは延期となりました。平日の帰宅時間も大幅に早くなり、土日も自宅にいる時間が増え、家族から迷惑?がられています(笑)。
ここはもう、神が与えてくれた貴重な時間だと思い、読んでいなかった本を読んだり、録画したまま観ていない映画・ドラマなどを鑑賞している毎日です。そんな中、3/26に地元南区の「別所地域ケアプラザ」が竣工し、式典は中止となりましたが内覧会のみ実施との連絡が入り、地域の行事に飢えて?いた私は早速伺いました。ケアプラザが無かった別所地区の皆さんにとっては待望の施設で、防災備蓄倉庫の役割も果たしています。南土木事務所の移転に伴い新たに整備されたこの施設が、地域の皆さんにとって有効に活用されることを願います。

先月の活動報告を書きこんでいるころは『4月の声を聞く頃には、きっと新型コロナウィルスも落ち着いているんだろうなぁ』などと勝手に想像していた自分が、今は恥ずかしく思え深く反省しています。現在の感染拡大は、自分も含め国民全体の危機管理意識が足りなかったことが一因と言えるのではないかと思っています。でも、まだ我々は負けたわけではありません。これからがウィルスとの闘いの正念場です。外出の自粛等により、観光業・飲食業など多くの皆さんが厳しい状況にあります。国の動向を見ながら、県として一刻も早く新たな補助制度などを作り、皆さんが安心して生活できるよう取り組んでいきます。国民一体となって、この難局に立ち向かいましょう!

3月 05 3月5日

2020年2月 活動報告

先月の活動報告でも触れた「新型コロナウィルス」が、まさかここまで猛威を振るうとは想像していませんでした。政府からは、イベントの自粛や全国の小中高への休校要請があり、国全体が異様な雰囲気に包まれています。特に小学校低学年の保護者の方々は、ご心配ご苦労が多いと思いますが、ここ1~2週間が勝負です。国民一丸となって、この非常事態を乗り切りましょう!
自分はと言えば、2月26日の県議会で今回新たに立ち上がった「新型コロナウィルス感染症対策特別委員会」のメンバーに任命されました。県民の代表として、感染拡大の防止や経済対策にしっかり取り組んでいきたいと思います。


新型肺炎の影響で、2月中旬以降のイベントや会合が次々と中止・延期となる中ですが、2月8日「新堀ふみあき新春の集い」は無事に開催することが出来ました。時期的に考えれば、まさにギリギリのタイミング。後1週間遅かったら中止の決断をしていたと思います。そんな状況にもかかわらず、今年も多くの皆さんにご参加いただきました。ありがとうございました!


その他活動のトピックスとしては2件。一つは、私が顧問を務める少年野球チーム「横浜南ボーイズ」の創部20周年パーティーが開催されたことです。会長の大谷剛正氏は私の中学校のクラスメートで、当時学級委員長も務めた優秀な男であり、いまだに友人としてお付き合いしています。「横浜南ボーイズ」も今では県下有数の強豪チームに成長しました。現在、阪神タイガースに所属する望月投手はOBです。近年、少年野球の競技人口は減少傾向にあります。野球派の自分としては、これからも顧問として、友人としてチームを応援していきたいと思います。

2つ目は、今年も自民党神奈川県連の主催による「かながわ自民党未来カレッジ」が開校したことです。今年は昨年よりも多くの受講生が参加して、会場は活気にあふれていました。初回の講義は、我が自民党県議団のしきだ博昭団長による「神奈川県政について」。議員立法による「神奈川県手話言語条例」や、「ともに生きる社会かながわ憲章」など、近年の神奈川県政の特徴的な事例をわかりやすく説明していただきました。自分も副校長の立場で、司会進行を務めました。受講生の皆さんは、11月まで計10回の講義に参加していただきますが、自分も一緒に勉強していきたいと思いますので、1年間、どうぞよろしくお願いいたします。


今年の3月は本会議はもちろん、厚生常任委員会・予算委員会に加えて新型コロナウィルス感染症対策特別委員会と、3つの委員会に所属することとなり、忙しい日々となりますがウィルスなんかに負けず、気合を入れて頑張ります!

2月 11 2月11日

2020年1月 活動報告

新年会シーズンもほぼ終了。自分の新春の集いも無事終了し、やっとひと段落したところですので、遅くなりましたがブログを更新します。

現在メディアは、新型コロナウィルスの報道一色です。特に横浜では、大型客船での感染者が後を絶たず緊迫感すら感じる日々が続いています。また、3年半前に発生した「津久井やまゆり園事件」の公判が1月上旬から始まっており、注目を集めています。
通常1月は、議会は休会中ですから常任委員会が開催されることはまずありません。ところが今年の1月、私が所属する厚生常任委員会は計4回も開催されました。新型コロナウィルスも津久井やまゆり園事件も厚生常任委員会の所管であり、この2案件については日々状況が変わるため、通常の日程で審議しているのでは遅すぎるということです。こうやって臨機応変に対応できるのが議会の良いところだと実感しています。今後も、常任委員会が元々予定されている3月上旬までの間、イレギュラーで数回の委員会が開催されると思います。新型コロナウィルスの対策と、津久井やまゆり園・芹が谷やまゆり園の指定管理者問題など、しっかりと議論していきます。

さて、冒頭でも触れましたが1月と言えば新年会。今年も80件を超える新年会・賀詞交歓会など新春の様々な式典にお招きいただきました。単純計算で1日約2件の会合に出席する訳ですが、多い日は1日で5~6件の会合が重なる時もあります。去年までは、その日最後の会に辿り着いた時には「もう閉会です!」なんてこともありましたが、今年は我が事務所の新入社員?『スタッフⅮ』君がいるので、とても助かりました。今までは自分で車を運転して、駐車場探して、駐車料金払って次の会場へ、を繰り返し一晩に数ヵ所回っていましたが、運転手がいるということはこんなにも効率的なのか!と感動しました。『スタッフⅮ』君、どうもありがとう!来年もよろしく。(できればもう少し道を覚えてくれるとより嬉しいです・・・汗)

さあ、いよいよ2月の「予算議会」がスタートします。今年度、自分は久しぶりの予算委員会委員なので、これまで通りの県民目線で、充実した審議を行いたいと思います。訴え続けている特殊詐欺対策の新しい予算や防犯カメラ補助事業の延長など、予算化実現を目指して頑張ります!

1月 11 1月11日

12月の活動報告

改めまして、新年あけましておめでとうございます。今年も「新堀ふみあき活動ブログ」をどうぞよろしくお願いいたします。
令和の時代になって初めての新年を迎えました。天候に恵まれた日も多く、皆様も清々しい気持ちで新しい年を迎えられたのではないでしょうか。
年末年始と言えば、相変わらず行事が多い季節であり、それに加えて今回は母親の体調不良や身近な方々のご不幸、急遽開催された厚生常任委員会など、イレギュラーな出来事が立て続けに発生し、ブログ更新がすっかり遅くなってしまいました。

11月25日に始まった「第3回定例会(後期)」は、12月18日で終了しましたが、12/5一般質問最終日の黒岩知事の「津久井やまゆり園」の指定管理に関する発言で、私の所属する厚生常任委員会は12/18・1/7・1/10と閉会中に3回も開催される異例な状況となりました。事件から3年半、これまで議会では指定管理者の継続もしくは変更について検討してまいりましたが、最終的には利用者や家族の意向を配慮する形で、当初の契約通り、令和6年度までの契約を了承しました。ところが、突如として知事がその方向性を覆し、指定管理者を再公募する旨の発言を行ったため、議会や委員会は混乱しました。いまだに知事が政策変更した真意は明確にならず、今後もしばらく、イレギュラーな形で委員会が招集されそうです。自民党県議団としても、やまゆり園の利用者・家族会・指定管理者が、そして何より県民の皆様が納得できる解決を目指し、しっかりと議論を重ねていきたいと思います。

その知事の突然の発言の直前、私は一般質問のラストバッターとして登壇していました。知事の異例の発言で、すっかり印象が薄くなってしまった?ようですが、自分の想いをしっかりと伝えられた満足のいく質問ができたと思っています。
昨年11月に日米間で正式な合意がなされた地元南区を含む「米軍根岸住宅地区」返還に向けた取組、被害件数・被害額が過去最悪となった特殊詐欺対策として迷惑電話防止機能付き機器の補助事業導入など、知事や県警本部長その他県幹部に対して計7問を質問させていただき、それぞれ概ね前向きな答弁をいただいたところです。特に、特殊詐欺対策は次年度予算に計上される可能性が大きいと感じています。詳細は、神奈川県のホームページで「県議会」のページをご覧ください。

12/15は桜木町駅において、北朝鮮による拉致被害者を一刻も早く取り戻すための署名活動に参加しました。米国と北朝鮮の間で交渉が続く核やミサイルの問題も進展しないまま、長い時間が経過しました。しかし、我々日本人にとって最も重要な課題は拉致被害者の早期返還です。これは国家間の難しい交渉なので、我々県会議員が直接携わることはできませんが、少しでも役に立ちたいという思いが強く、毎年参加しています。この日は12月にしては暖かく、晴天の下、議連の仲間たちと署名を呼びかけ、多くの方々にご賛同いただきました。拉致問題が解決するまで、この活動を続けていきます!

12/16は、恒例の企業後援会主催の「クリスマスパーティー」でした。今年のゲストは、私の青春時代のアイドル柏原芳恵さん!一部の方から「公私混同だ!」とのご批判?もいただきましたが、約40年前と変わらぬ歌声とスタイルに感動が止まりませんでした。当日は200名を超える参加をいただき、参加者の方々から「こんなにニヤニヤした顔見たことない」と言われ思わず赤面。忘れられない一夜となりました。県会議員になって良かった!(笑)
また、12/27は元参議院議員の斎藤文夫先生が主催する、田中和徳復興大臣・横山まさと横浜市議会議長の就任お祝いの会に参加しました。私も一時期、斎藤先生の秘書を務めていた時代があり、お二人は私にとって「斎藤学校」の先輩・同僚にあたります。昔の仲間たちと楽しい時間を過ごすことが出来ました。

令和2年も引き続き頑張ります。応援よろしくお願いします!