活動ブログ

12月 15 12月15日

11月の活動報告

12月の上旬は、議会での一般質問・常任委員会・特別委員会と続き、11月の活動報告のアップがすっかり遅くなってしまいました。申し訳ございません!(汗)
菅事務所と合同で行った朝の駅頭ビラ配りも、区内8駅プラス1駅を回り切りひと段落です。今年は11月後半でも暖かさが残り、例年のような防寒仕様も必要なく、お天気にも恵まれ順調に11/29をもって終了です。さあ、次回は新年の駅頭ご挨拶。今度は寒いだろうなぁ…。

さて11月と言えば、決算特別委員会に所属していない議員は(今年度、私は予算委員会です)、比較的議会日程が緩いと相場が決まっています。必然、視察等が増えるのですが、今年は2件。まずは11/6、商店街振興議員連盟のメンバーと、東急東横線の元住吉駅を挟んだ東西に位置する「ブレーメン通り商店街」と「オズ通り商店街」を視察しました。ともに外国の童話をモチーフにしたネーミングでアピールし、互いに切磋琢磨しながら頑張っています。とくに「ブレーメン通り商店街」は、本場ドイツのブレーメン市と交流があり(勝手に名前を使ってスミマセン!と謝りに行ったのがキッカケとか!)、オリジナルビールなども販売していました。同じ商店街でも、我が南区の下町情緒たっぷりの商店街とは全く雰囲気の違う、おしゃれな商店街でした。各商店街とも、工夫を凝らして活性化に勤めています。とても参考になりました。


もう一つの視察は、11/21にグランドデザイン調査特別委員会の委員として、川崎殿町にある県立保健福祉大学の大学院「ヘルスイノベーションスクール」と平塚の「神奈川県動物愛護センター」にお邪魔しました。実はどちらも厚生常任委員会の副委員長として開所式にお招き頂いたので、私としては今年2度目の訪問となりました。どちらも神奈川県が力を入れている政策を補完する施設であり、今後いかに県民生活の向上に資するか注目です。移動の途中、昼食で寄った清川村のイタリアンレストラン「四季クアトロ」さんで食べたパスタが本当に美味しかった!ありがとうございました。


そして最後は、秋の恒例行事「新堀ふみあき後援会懇親ゴルフ会」の報告です。今回で5回目のゴルフ会ですが、お天気は過去最高!雲一つない秋晴れの中、今年も100名を超える方のご参加を頂きました。ブリキのおもちゃ博物館の北原照久さんも奥様とご参加いただきましたよ!そして今回は諸事情により、私初めてゴルフには参加せず、スタートホールで参加者の皆さんを出迎え、各組ごとに記念撮影をするという方式をとりました。プレイに参加すると、ほとんどコミュニケーションも取れずにお帰りになる方もいらっしゃるので、今回は全ての参加者の皆さんとお話をすることが出来ました。これはこれで充実した時間だったのですが、やっぱりゴルフは見てるだけではなく、参加する方が楽しいですね(笑)。
大した腕もないのですが、皆さんがあまりにも楽しそうなので、心底うらやましくなりました。そこで、この企画は今回のみとさせていただき、来年は絶対プレイにも参加します!


いよいよ、令和元年の残すところ半月となりました。あっという間の1年でしたが、今年は選挙もあり、本当に多くの皆様にお世話になりました。来年も皆様の期待に応えられるよう頑張ります。どうぞよいお年をお迎えください。

11月 10 11月10日

10月の活動報告

県議会は、令和元年第三回定例会(上期)が10/16で終了。決算特別委員会に所属する議員以外は、11月末まで暫しの間休会となります。16日の採決日には、急遽台風15号・19号などで被害を受けた県民や県内企業のために、午前中に補正予算約36億円を上程し、午後から各委員会で審議、夜には全会一致で可決するという離れ業?を行いました。議員になって5年目ですが、もちろん初めての経験でした。イレギュラーではありましたが、県内で被害にあわれた方々のためにスピード感をもって議案を可決することも、我々議会に求められる部分だと思います。犠牲になられた方のご冥福をお祈り申し上げるとともに、被害にあわれた方の一日も早い復旧を祈ります。

今年度、決算特別委員会に所属していない自分にとって10月中旬から11月末までは、地元の活動や視察等に時間を使える期間となります。10月と言えば、地域の運動会やイベントが盛んにおこなわれる季節です。連合町内会の大運動会やふれあい祭りなど、数多くのイベントに参加させていただきましたが、中でも南区4大祭りの一つ「健康福祉まつり・いきいきふれあい南なんデー」には、毎年多くの区民や医師会・歯科医師会・薬剤師会など各種団体が参加し盛り上がります。健康診断や障がい者体験、ちゃっかりブームに乗っかった?「ラグビーボール的当て」などもあり張り切って参加しました。健康長寿を目指して、南区民は元気です!

地元南区にある県立こども医療センターでは、恒例の「馬とふれあうこども医療」が行われました。全国各地から高度な医療を必要とする子どもたちが入院しているこども医療センターでは、治療に一定の効果があるとされる動物とのふれあいを実践しています。この日は、書家の金澤翔子さんも特別参加!しきだ博昭議員をはじめ先輩同僚議員と共に、秋の温かい日差しの中、患者さんやご家族に混ざって、馬とのふれあいを満喫しました。こうしたこども医療センターの取組みを、今後も応援したいと思います。

月末は、自民党の「農業を推進する会」として、小田原のみかん・レモン栽培農家を視察、その後JAの皆さんと意見交換を行いました。従来のみかんだけでなく、単価の高いレモンの栽培に挑戦している農家の方のお話では、近年レストラン・居酒屋などで鮮度の良いレモンの需要が高まっているとのことでした。イノシシなどの鳥獣被害から作物を守りつつ、新たな事業に積極的に参画している農家の皆さんに頭が下がります。やはり台風被害も大変大きかったとのことですから、神奈川の農業を応援していく自民党の意志をしっかりと伝えてまいりました。

その他、同じ南区のゆさ大輔市会議員の市政報告会、神奈川県災害防災協議会の意見交換会、横浜技能祭り、恒例のボーイスカウト横浜第1団育成会「はこぶね寄席」など、様々なイベントに参加させていただきました。

最後におまけで、ほぼプライベートではありますが10月で一番印象に残った出来事をご報告です。同級生であり、元参議院議員の斎藤文夫先生の秘書として同じ釜の飯を食った横山まさと横浜市会議長を、同じ秘書時代の仲間と表敬訪問して参りました。気が付けば秘書時代から約30年の月日が流れましたが、議長はじめ皆あの頃のまま!(外見は多少変化しておりますが…笑)議長室で昔話に花が咲き、その後近くの寿司屋で第2部を開催。楽しく懐かしく、秋の夜は更けていきました。たまにはこんな日も良いですね。

10月 06 10月6日

9月の活動報告

9月6日から始まった神奈川県議会第3回定例会。今回は6月に比べ補正予算も少なく、人事面でも各々が新しいポジションに慣れてきたせいか、落ち着いた静かなスタートとなりました。自分も厚生常任委員会の副委員長として2回目の定例会であり、最初に比べ少しは余裕を持って対応することが出来ている気がします。

9月と言えば、我が地元の恒例行事が二つあります。まずは、渋谷たけし市会議員が主催する「東北復興支援B級グルメ祭り」。今年は会場の関係で、いつもより早めの9/8開催となりました。昨年は台風の影響で中止となったこのお祭りですが、今年は何とか開催出来ました(途中、ゲリラ豪雨にあいドタバタでしたが…汗)。自分は今年もフランクフルトと焼き鳥コーナーの責任者として参加しましたが、前回まで600本だったフランクフルトを1000本に増やされるという主催者のパワハラ?にあいながらも、見事完売!
「チーム四代目」の皆さん、郵便局長の皆さん、本当にお疲れ様でした!今年も売り上げの一部を東北の被災地に届けることが出来ます。ありがとうございました!

9月恒例行事二つ目は、お三の宮日枝神社の例祭です。今年は本祭りなのでお三の宮地区・寿東部地区各町内のお神輿が大集合。大々的な神輿渡御が行われました。南区の日枝神社から中区のイセザキモールを往復する渡御は、行政区を跨ぐ神輿の大行列となるため、南署・伊勢佐木署の2警察署と事前に打合せするのが地元県会議員の私の大切な役目です。県警察の皆さん、今年も警備ありがとうございました。式典、大神輿の巡行、神輿渡御、演芸大会と三日間の渡り繰り広げられる南区最大のお祭りで地元は大賑わい。最後の締めは恒例の演芸大会。地元婦人部の熱いリクエスト?により、今年も「南区のジュリー」やってしまいました。すみません!

9月16日、敬老の日は大岡地区の新たな取り組み「高学校」(小学校ではなく高齢者の学校という意味で「高学校」)の講師としてお招きいただき、地域の高齢者の方々に神奈川県と横浜市の関係、南区での神奈川県の役目など、知っていそうで意外と知らない部分を約1時間にわたって説明しました。初めての体験でしたが、改めて自分の住む地域や自分の仕事を知る良いきっかけとなりました。次回もお声がけいただくのを楽しみにしています。

9月22日、日本中が熱く盛り上がっているラグビーワールドカップの観戦で新横浜の日産スタジアムに行ってきました!カードは優勝候補の一角アイルランドvsスコットランドです。まさに一生に一度来れるかどうかの貴重な体験。素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。会場で林文子横浜市長とバッタリ!思わず「IR頑張ってください」と声をかけてしまいました。スタジアムの周辺も海外からの観戦客でいっぱい!神奈川・横浜に大きな経済効果をもたらすことは間違いないと思います。

そしてご報告の最後は『手話の聖地』鳥取県で毎年開催される「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」の視察です。毎年お声がけいただくながら、いつも地元のお祭りと重なり行けなかったのですが、今年はスケジュールが合い、念願かなって初参加となりました。日本で唯一、議員立法で「手話言語条例」を制定した神奈川県議会の一人として、手話の普及は重要なテーマでもあります。残念ながら神奈川県代表は予選敗退で出場できませんでしたが、全国の高校生によるパフォーマンスはレベルが高く、演技力やダンスのキレも最高。その迫力に圧倒された一日でした。この日に合わせ、手話での自己紹介ができるよう練習して行きましたが、いざやってみるとまだまだですね(笑)。引き続き言語としての手話の普及に努めたいと思います。

9月 14 9月14日

8月の活動報告

少し秋っぽくなってきましたね。9月も半ばに差し掛かってしまい、遅くなりましたが8月の活動報告をさせていただきます。
夏祭りと視察の8月が終わり、神奈川県議会は第3回定例会へ突入しました。台風15号の被害対策など、しっかり議論していきたいと思います。

さて、例年90箇所程度の夏祭りに顔出しさせていただいてますが、今年は視察や個人後援会の会合などが重なり、やや少な目の約60箇所の地域のお祭りにおじゃましました。特に事務所のある通町のお祭りでは、2年ぶりに神輿を担ぐことになり、その後2~3日は肩をたたかれる度に「痛てぇ!」の繰り返しでした(涙)。議員になった当初は、多くのお祭り会場で「この人誰?」的な反応でしたが、5年目を迎えた今年はどの会場でも「あら新堀さん!来てくれたの?」とお声がけいただき、うれしい限りです。

8/19~24、自民党神奈川県議団「国際協力議員の会」の一員としてベトナムへ視察に行って参りました。ベトナムと言えばハノイかホーチミンが思い浮かびますが、今回はダナンを中心にフエ・ホイアンを視察しました。ベトナム第3の都市ダナン市は、近年経済や観光で大きく発展した都市です。我が地元横浜市と「草の根技術協力事業」(2017~2020)を締結し、現在ゴミの分別・リサイクルに挑戦しています。ゴミを分別する習慣が無かったベトナム人にとっては、なかなか浸透しずらい取組であり、面会したダナン市環境局のクン副局長からは、今後も横浜市からの更なる技術協力や人員育成をお願いされました。
また同じダナンでは、世界的なIT企業に成長したベトナム企業のFPTソフトウェア社やダナン外国語大学を訪問しました。どちらも親日の意識が強く、特に外語大の学生さんたちとのディスカッションでは、将来日本に渡り学んだり仕事がしたいとの意見が多く出て、最近の近隣諸国との外交問題を考えると、なんだかとても嬉しくなりました。
その他、フエでは障がい児・者施設や下水処理場(どちらも日本人が活躍!)、ホイアンでは、なんと17世紀から始まる日本との交流の歴史に触れることができ(街の中心のかかる橋の名前が「日本橋」でした!)充実した視察となりました。

ベトナムから帰国し、中1日で待っていたのは厚生常任委員会の秋田県視察。ひきこもり対策で有名な藤里町社会福祉協議会、秋田大学高齢者医療先端研究センター、秋田県立循環器・脳脊髄センター、クアオルト健康ウォーキングに取り組む三種町の「砂丘温泉ゆめろん」、秋田県庁と2泊3日駆け足で調査してきました。人口減少率・高齢化率ともに全国1位の秋田県が、行政を中心にどのような取組をしているのか、しっかり勉強してまいりましたが、副委員長として初めての県外視察ということでいつもよりやや緊張!視察先では、まず委員長が冒頭のご挨拶をして、最後のお礼のご挨拶は副委員長の役目と決まっています。しっかり話を聞いていないとおざなりの挨拶になって感謝の気持ちが伝わらないので、視察先ごとに脳みそフル回転でした(汗)。
中でも印象に残ったのは、藤里町社協の菊池まゆみ会長のお話です。秋田では女性初の社協の会長ということで、楽しいお話につい引き込まれてしまいました。何かを変える、新しい試みを始めるには、菊池会長のようなパワフルで明るい前向きな方の存在が重要なんですね。改めて実感いたしました。

忙しいながらも充実した8月が終わり、9月は議会日程がぎっしり詰まってます。有意義な議論ができるよう頑張ります!

8月 04 8月4日

7月の活動報告

7/8に令和元年度第2回定例会も無事に終了し、初めて拝命した厚生常任委員会副委員長職でしたが、大きなトラブルもなく、スムーズな委員会運営が実現できたと思います。ホッと一息、と言いたいところですが、ご存知の通り7/4から参議院議員選挙がスタートし、投票日の7/21までの17日間、神奈川県においては我が党唯一の公認候補者、島村大さんの応援で県内を駆け回りました。
3年前の参院選は、議員になって2年目ということもあり正直あまり戦力になれなかったと反省が残りましたが、今回は県連副幹事長という立場でもあり、中途半端なことはできません。全力で島村候補の大勝利を目指した17日間の戦いでした。
参院選となると、我が「自民党チーム神奈川」には得意技?があります。「電車でGO!」という呼び名で、JRや各私鉄など県内主要路線を候補者共々電車で移動しながら、駅に降りては街頭演説とビラ配りを繰り返すという選挙活動です。今回は残念ながら自分の選挙区の駅に降りることはありませんでしたが、普段は利用しない駅の街頭でマイクを持つのも勉強になりました。特に、島村候補の専門分野である社会保障については、改めて多くを学ぶことができ、自身のスキルアップにも繋がる選挙戦になったと思います。
結果は、皆さんご存知の通り島村候補のトップ当選で幕を閉じました。6年前に比べ、得票数が減ったという反省点はありますが、まずは一安心。島村大さんには、引き続き年金・医療・介護など社会保障のプロフェッショナルとして、国会で国民のため頑張って頂きたいと思います。

また、今回は比例代表の候補者の選挙活動にも参加させていただきました。県連副幹事長として担当させていただいた橋本聖子候補が横浜に入った際には横浜駅西口で応援演説を、日頃よりお世話になっている県薬剤師連盟の川田会長と地元弘明寺商店街で本田あきこ候補のビラ配りを、更にはつげ芳文候補・石田まさひろ候補の応援もさせていただき、関わった全ての候補者が当選できたことに大きな満足感を得られることができました。ご協力いただいた後援会の皆様には、心から感謝申し上げます。ありがとうございました!

最後に1点、皆様にお伝えしたいことがあります。自分が神奈川県議会議員になってから今まで、最も強く印象に残っているのが相模原の障がい者施設で発生した「津久井やまゆり園事件」です。19名が犠牲となり26名が負傷した凄惨な事件から7/26でちょうど3年が経過しました。この事件を受け県議会は、「ともに生きる社会かながわ憲章」を策定しましたが、その普及は、思うように進んでいません。7/22には「津久井やまゆり園事件追悼式」がしめやかに行われ、改めてこの事件の持つ問題性と遺族・職員の皆様の痛みを感じるとができました。また、この事件を決して風化させる事の無いよう、7/26早朝から桜木町駅前で超党派の議員と県職員により憲章普及のためのビラ配りを実施しました。県民の皆さんもどうかこの事件を忘れずに、障がい者の方々が安心して暮らせる社会の実現に向け、ご理解いただくことを心よりお願い致します。